FC2ブログ

「キュレムVS聖剣士 ケルディオ」を見て来たよ

えーっとですね。タイトル通りです。

昨日チビさんとふたりで、「キュレムVS聖剣士 ケルディオ」と「メロエッタのキラキラリサイタル」を見てきました。ポケモン映画は2作目ですが、いやー、良かったです。なにしろ私の大好きなドラゴンであるキュレムが大活躍ですからねぇ。

以下、軽いネタバレがあるかもしれないので、ご注意を。

子供映画のイメージ通りに「愛と勇気と正義を持って悪と戦って完全勝利」みたいな内容だろうって思って構えていたら、うむ、違いましたな。タイトル通りキュレムとケルディオが戦うのみ、でした。しかも、キュレムは「悪」ではなくて、ケルディオの成長を見届けるドラゴンなので、バトルと言ってもケルディオが打ち負かして倒さなければならない的なもの、ではなかったんですね。んでどっちかっていうと、サトシ達の出番は少ないって感じ。ケルディオを補助と助言をする役目で、ナイス助演男優って感じでした。

アニメーターさんがじっくりとセルを書き込んだアニメーションだけではなく、流行の3DCGを取り入れて、手書きセルと重ねて作り込んでいました。ほとんどの背景は3DCGだったかな。草が揺れてケルディオが出て来るところなんて、リアル感が出ていました。それと3DCGを使っているだけに、キュレムの住処(バトル場所)へケルディオが入って行く際のカメラワークが見事でした。ちょっと酔ったw

シーンの中でちょっと疑問に思ったこと。あ、これは私のポケモン歴が約1年なので、周知ならそー教えてください。

それは、サトシがポケモンを出すときに「ん?」って思ったことなんです。

そもそもモンスターボールは不思議ですよね。数キロから数百キログラムある大小のポケモンが小さく入っていることも不思議ですが、骨、ネギ、角材、鉄骨、コンクリート柱というポケモンの身体と関係ないようなアイテムも一緒になって小さく入っているところが不思議です。で、そのモンスターボールですが、ゲームのキャラやアニメの中でも野球ボールとソフトボールの中間ぐらいのサイズで取り扱われているように思っていました。

と こ ろ が 。

今回の映画中で何が気になったかと言えば、サトシがモンスターボールを取り出して、「いけぇ!」と言って、投げてボワンっとポケモン出現、というシーンの中の「モンスターボールを取り出そうとした時の、手のひらの中のモンスターボールの動き」なんですよ。ちょっと大きめのビー玉サイズのモンスターボールが、ムクムクっといつものサイズまで大きくなってから、ポケモンを出すために投げたんですよ。

え?

モンスターボールって普段は小さいの?

という疑問です。

ついでに言えば、ソフトボールぐらいのモンスターボールを結構な数持って歩いているようには見えないサトシのバッグサイズなので、そこに対して整合性を出しているのでしょうか?

まぁ確かに「パンツのポケットからモンスターボールを出す」には、ちょっと大きすぎますもんね。それにしても、ボール自体が拡大縮小するのであれば、任意のサイズか小さいままでもエエジャナイカw

と思った次第です。

どなたか、ポケモンのアニメか映画歴が長い方へ。

教えてぇ〜、分かる人ぉ〜!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

CHAa3

Author:CHAa3
「厨と言わないで!」へ
ようこそ!

なんとなく「ワタル」を
イメキャラにしてみたw

W2のともだちコード
056233239009

FC2チャット
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR